治療の成果を左右する生活習慣はいくつかあります

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。

この治療の費用は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

デトランスαの口コミ
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です