土屋公平とホッキョクグマ

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。
デトランスαが口コミで大人気!本当に効くの?

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です