宮木がスッチー

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

マカナサプリはそんなに人気なの?
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です