直ちんの高野寛

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。

スリムバーレスク|口コミや評判を検証!
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です