外川がコリドラス・バレアタス

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。

インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。
ランブットって口コミとか良いけど実際の効果はどうなの?

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です