のえるの聡

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

トリプルビーってどうなの?口コミや販売店を徹底検証!
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です